Des asiatiques inventent l'incubation sans coquille



皆さん卵で何かやってますねー あ調理をラップ 伸ばし体 プラスチックのコップに窃盗そして位 ああなにかおいしいものを作ってくれるのかな 料理じゃないんですよ 以上じゃないですよ じゃあ何 アフィのトリオ生まれさせるための作業ですねぇー これ方状態から脛そんなじゃないでしょうか 生まれます やこの遠征でてショコラぴょん今できるゆん 実は彼女たちはこちらの高校の生物分 なんとラップを使った方法で世界初 空の下もから機能を返すことに大成功 海外の研究者も注目しているんです common パワー先生に話を聞いてみると 透明な容器で雛になるまでですね 全部のビッグ チョン生きた状態で誕生までう どう変化していくのがわかります 早速その様子を見せてもらいましょう tan ちょっとクイズ 皆さんひよこになるのは卵のどの部分か知ってます うん 君にファースト正解は nan ではなく これ 直径はしか酸味の廃盤にです 実はこれが清子の元なんです では卵を温めましょう かめ すごいすごい 早くも真相が生まれて動き始めました うわぁ カメラん me 先生も思わず conoha ですけどなぁ さあでは球も全体を見てみると思う 卵黄が水分とビッグサイズ6 e 卵白はほとんど見えなくなりました そうこうしているうちにどんどん成長していてずすごいなぁ 今センター 犬が先だ 21日目本当にたらなし卵からヒナが帰っちゃいましたーーー た口だよおいでー me 持っていん を色々良い 今宵を

4 Replies to “Des asiatiques inventent l'incubation sans coquille”

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *